バーテープ巻き太り(備忘録)

先日、ロードバイクのバーテープを替えたのですが、いままで使っていたものよりも厚手のテープに替えたら、巻き終わりの部分が巻き太ってしまい、おまけにフィニッシュテープが剥がれてしまいました。

タイラップで固定しておきましたが、やはりみっともないので直すことにします。(自分の備忘録として記録しておきます。)

f:id:dong-gabacho:20160423141034j:plain

 

しかしフィニッシュテープを剥がしたら、もう粘着力がなくなっていたので、ネットで検索して手に入れました。

f:id:dong-gabacho:20160423141659j:plain

 

 

それなりに粘着力ありそうです。

さてさて、いったんテープを剥がしますが、どうように最後テープを処理するか?なんですが、巻き太らないようにするためには、

 

①最後のエンディングでもハンドルバーに対してテープは斜めに巻いている状態を維持して、

②テープの巻き終わり端面がステムと平行になるようにテープを切り、

③その上からフィニッシュテープを巻けばよいかと。

 

まず①です。

巻き終わりでもテープはバーに対して斜め(写真ではわかりにくいですが、、、)

f:id:dong-gabacho:20160423142046j:plain

そして②

ステムと平行になるようにテープを切る。

f:id:dong-gabacho:20160423142244j:plain

 

切り終わるとこんな様子です。

f:id:dong-gabacho:20160423142354j:plain

 

③この上からフィニッシュテープを巻きます。

f:id:dong-gabacho:20160423142523j:plain

 

ちょっとまだ太ってますが、これはブレーキとシフトワイヤのアウターも一緒に巻いているからです。もう少し外側(上の写真では左側)が太ってないのは、そのあたりまでハンドルバーにアウターを沿わせるための溝があって、アウターがそこにはまり込んでいるからです。

ということは、その溝が終わるところあたりでバーテープを巻き終わるのが理想ということですな。

これは今度新しくバーテープを巻きなおすときにやるとして。

 

ま、あくまでも我流ですのでそこのところはご容赦ください。

もっと良いやり方があれば教えていただきたく。