ドアミラーウィンカーレンズの小傷修理(DIY備忘録)

夏の暑い盛りのころのことですが、狭い立体駐車場でドアミラーをこすってしまいました。小傷なのでパッと見はわからないのですが、とはいえそれなりに気になります。

 

傷がついているのはウィンカーレンズの部分なのでここだけ交換しようかと思いましたが、車のパーツって結構いい値段するんですよね。

きちんと調べていないですが、たぶんこのパーツだと7千~8千円くらいかと。

いや、それどころかレンズだけ交換なんてできない構造になっているかもしれませんね。

 

f:id:dong-gabacho:20171028114943j:plain

 

なのでDIYで修理することにしました。

最初は車のボディ用の小傷消し液体コンパウンドを使ったんですが、それでは消せなかったので、耐水ペーパとコンパウンドを使ってやることにします。

用意したのは以下です。

 

耐水ペーパ―の番手5種セット。

f:id:dong-gabacho:20171028115936j:plain

 

それとコンパウンドも番手3種セット。

f:id:dong-gabacho:20171028144844j:plain

 

 

それとマスキングテープ。

f:id:dong-gabacho:20171028145234j:plain

 

まずはマスキングテープで傷の周りをマスキング。

f:id:dong-gabacho:20171028145350j:plain

 

さて、ここから耐水ペーパ―で番手を上げながら傷を消していきます。まずは一番粗い400番からスタートしようかと思いましたが、400番はやすり面を指で触ると結構粗いので、この傷には少々不向きと思いました。

 

なので1000番 ⇒ 1500番 ⇒ 2000番 ⇒ 3000番と行きたいと思います。

まずは1000番から。

傷に合わせて耐水ペーパ―を小さく切って使います。

f:id:dong-gabacho:20171028145921j:plain

 

1000番の耐水ペーパ―で、傷面に水を少々付けて研磨します。研磨すると全体が白っぽく曇ったようになりました。

 

もとの傷が見えなくなるまで研磨します。

(マスキングテープの開口部が狭すぎて耐水ペーパーをかけるのがやり辛かったので途中でマスキングテープの位置をずらしてます。)

f:id:dong-gabacho:20171028150156j:plain

 

番手を1500番 ⇒ 2000番 ⇒ 3000番と上げていきます。

1000番では研磨といってもざらざらとした感触があり少々大げさに言うと「削っている」という感覚でしたが、さすがに3000番はやすり面が非常に細かく、「磨いている」という感触になります。

 

さて3000番で磨き終わりました。

f:id:dong-gabacho:20171028150628j:plain

 

1000番で磨き終わったときよりも曇り方が薄くなった(透明度が増した)ような仕上がりになってます。

 

さてここからはマスキングテープを外してコンパウンドで磨いていきます。古着の綿のTシャツのウエスコンパウンドを付けて磨きます。
まずは3000番から。

f:id:dong-gabacho:20171028151025j:plain

 

まだちょっと曇りが残っているようです。f:id:dong-gabacho:20171028151221j:plain

 

 では番手を上げて7500番で磨きます。

f:id:dong-gabacho:20171028151404j:plain

 

 ほほー、結構仕上がってきましたね。写真ではわかり辛いですが、まだちょっとだけ曇りが残ってます。

f:id:dong-gabacho:20171028151503j:plain

 

最終番手、鏡面仕上げの9800番で磨きます。

f:id:dong-gabacho:20171028151635j:plain

 

ほえー、本当に鏡面仕上げ、曇りが完全に消えてきれいになりました。

f:id:dong-gabacho:20171028151742j:plain

 

いやいや、想定以上の仕上がりに大変満足です。

コンパウンドで仕上げるといっても、透明のレンズに耐水ペーパ―をかけるのは少々抵抗がありましたが、やってみて正解です。

傷がついていたことなんてまったくわからないきれいな仕上がりです。

 

ま、あくまでもDIYですので、このブログを参考して同様の傷消しにトライされる方は自己責任で、ということでお願いします。

ビストロで記念会

もっとマメに下手の横好きな趣味たちのことを書くつもりなのですが、どーも滞ってしまいます。

 

やはり仕事が追い詰められていて心に余裕がないんですかねー。

 

さてさて、ちょっと前の話になりますが、先日うん十年目の結婚記念日だったので記念会ということで家族でビストロに食事に行きました。

 

おじゃましたのは八王子のビストロ・ボンクール。

 

フランス料理のお店ですが、夜の部はアラカルトがメインなのでワイン飲みながら適当においしいものを食すことができます。

コース料理と違って、肩の力を抜いて料理とお酒が楽しめるので、自分には合っていますね。

 

さて、フランス料理ですからワインなんですが、ワインについては全く知見がありません。

その旨を伝えると、「好きなお酒は?」ということなので「日本酒の生原酒、純米酒系のフルーティな甘口が好み」と伝えると、写真のワインをセレクトしてくれました。

 

f:id:dong-gabacho:20171025220000j:plain

 

写真は撮りましたが、ワインのことは全くわからないので何も語れません。ご容赦ください。

だけどワインのことを知らない自分でも美味いと思えるセレクトでした。

 

さてさて、「本日のメニュー」の説明をお店の方から聞いて、ほぼ適当に決めましたが、出される料理がどれも美味しいんです。

 

まずは生ハム、ペーストなどの盛り合わせ(だったと思います)。

 

f:id:dong-gabacho:20171025220134j:plain

写真のもの全部美味ですが、意外と付け合わせのオリーブが美味かった。

 

つぎはチキンだったと思いますが、肉そのものの旨さがわかる味付けで美味。

 

f:id:dong-gabacho:20171025220431j:plain

 

そしてメインのつもりで頼んだ「肉(牛)」です。


肉だけでなく付け合わせのポテトがかなり美味いんです。きちんとじゃがいもから作った(じゃがいもの皮をむいてスティック状に包丁で切ってそれを揚げた)という味でした。

 

f:id:dong-gabacho:20171025220734j:plain

 

飲みなれないワインを飲んだので、結構へべれけ。

 

家族はバスで帰りましたが、自分は酔い覚ましを兼ねて家路を徒歩にて。

 

酔っぱらうと夜中のマンホールを撮りたくなるんですよね。全く意味はないです。

 

f:id:dong-gabacho:20171025221003j:plain

 

てなことで、平日の仕事での戦争状態に対して、週末の楽しい自宅イベントでなんとかメンタルバランスがギリギリ取れてますかね。

 

週末の楽しいことのひとつの自転車も復活したので、そろそろブログネタにしたいと思います。

 

魚沼小旅行

8月のネタなのでもうだいぶ前の話になってしまいましたが。。。

 

魚沼に小旅行に行ってきました。

今回は車で。関越道を使って一路魚沼へ。

 

まずは八海山に登ります。

 

f:id:dong-gabacho:20170919230627j:plain

 

オフシーズンのスキー場なので特に何かあるわけではないのですが、ロープウェイ頂上駅から景色は気持ちよかったです。

 

f:id:dong-gabacho:20170919230701j:plain

 

さて、都会の喧騒を忘れたところで次に向かいます。

魚沼の里、八海山醸造が経営しているお土産屋、食事処です。

 

f:id:dong-gabacho:20170919230746j:plain

f:id:dong-gabacho:20170919230811j:plain

f:id:dong-gabacho:20170919230847j:plain

 

ここで、武火文化定食なるものをいただきます。

地元野菜を使った肉巻きなど。ごはんは当然のごとく魚沼の美味しいお米。

定食の付け合わせ含めて全てが美味でした。

 

f:id:dong-gabacho:20170919230928j:plain

f:id:dong-gabacho:20170919230955j:plain

f:id:dong-gabacho:20170919231024j:plain

 

そのほかお土産やさんや、お店の風情など結構綺麗で良かったです。

 

この後、星峠に向かって棚田を撮影しに行きましたが、やはり風景写真をしっかり撮るなら今回のように「旅行のついで」ではダメですね。

今度写真撮影を目的に再訪したいと思います。

 

f:id:dong-gabacho:20170919231211j:plain

 

さてさて、車の運転も飽きたころに宿に向かいます。

 

f:id:dong-gabacho:20170919232102j:plain

f:id:dong-gabacho:20170919232203j:plain

 

宿ではゆっくり温泉に入って酒飲んで極楽気分に浸りました。

旨いお酒の覚えとしていつもは酒瓶を写真撮影するのですが、それもできないくらい極楽気分でリラックスしてしまい、、、いつの間にか寝てしまいました。

 

1泊旅行の1日目はここまでです。

 

2日目は近場を観光してお土産(主に地ビールと日本酒(魚沼だから当然!))して帰路へ。

 

短い時間でしたが、久しぶりに楽しい小旅行でした

 

ロードバイク・シューズ 新調

ロードバイク・シューズがボロボロになったので新調しました。

2007年に購入で、すでに10年!も使ったので、さすがにくたびれ果ててます。

 

f:id:dong-gabacho:20170808233514j:plain

 

さて、新しいシューズなんですが、古いのと同じシマノ製にしました。もっと他のメーカーも考えたんですが、結構高かったので。(汗)

当たり前ですがクリートも新品で、やっぱり新しいものは気持ちいいもんですな。

 

f:id:dong-gabacho:20170808233606j:plain

 

実はこの新しいシューズは2014年にすでに購入していたんですね。

古いシューズのクリートの位置調整が結構面倒だった記憶があったもんで、それに取り掛かるのに躊躇して2014年に購入してから箱に入れたまま塩漬け状態でした。

 

しかし、古いシューズのクリート位置を参考にしながらエイヤっと位置決めして走ってみましたが、結構違和感なかったです。

数回ほど走行途中に停まって若干クリートの位置を調整しましたが、それでなんとか収まりました。

 

シューズを新しくしたからって長距離走れるようになったわけではないのですが、、、見た目が良くて快適です。

 

やはり新しいものはいいですねー。

 

前回のボトル新調に続いてのロードバイク・シューズでした。

 

 

 

 

ボトル新調

自転車用の保冷ボトルの蓋にクラックが入ってしまってお陀仏です。

 

f:id:dong-gabacho:20170805130720j:plain

f:id:dong-gabacho:20170805130745j:plain

 

まー、ポラーの白くま君は2005年の夏に購入しているのでかれこれ12年も使っていたんですねー。

長い間ご苦労さまでした、白くま君。

 

さてさて、というわけで保冷ボトルを新調しますが、同じものでは芸がないのでいろいろ物色したところ、キャメルバッグの保冷ボトルが良さげ。

 

こんどはラクダ君か。

 

5大特徴、①保冷力4倍、②液漏れなし、③柔らかい、④ロック解除不要、⑤匂いゼロ、とな。

 

f:id:dong-gabacho:20170805130935j:plain

 

さっそく本日使ってみた結果です。

 

①保冷力4倍 △

そもそも何に対して4倍なのかよくわかりません。自転車用の保冷ボトルは白くま君しか知らないのでそれとの比較になりますが、あんまり変わりません。白くま君と同じくらいです。

飲み物に氷をボトルの1/3ほど入れて走りましたが、冷たさが保持できたのは走り始めて1時間くらいでしたね。今日は出発時の気温28℃、曇りということを考えると、2時間くらいは持ってもらいたいです。ま、これは白くま君と同じくらいですが絶対評価として満足まで行ってないので△です。

 

②液漏れなし 〇

普通の自転車用ボトル(白くま君も同様)は結構飲み口からチョロチョロ漏れてフレームを汚すんですよねー。宣伝文句通りそれはなかったです。

 

③柔らかい 〇

あー確かに柔らかいです。このボトルはボトルの腹を押して中身を出す仕組みなのでこの柔らかいというのは大事なんでしょう。

 

④ロック解除不要 ◎

これ大事なんですねー。普通のボトルは前歯でボトルの口の先を引き出すようにしてロック解除するんですが、面倒な上に前歯が折れないか心配でした。特に上の前歯1本が差し歯なのでホント心配でしたが、そんな心配不要です。

軽くボトルの腹を押すだけで飲めますが、そのままゲージにボトルを入れても液漏れなしです。

これがこのボトルの一番の特徴なんでしょうから、当たり前といえば当たり前の結果ですが大変満足です。

 

⑤匂いゼロ ◎

これもGOODです。白くま君もボトルの匂いが飲み物に移っておりました。これも全く匂い移りなく大丈夫です。そもそもボトルに匂いがないな。

 

ポラーの白くま君との比較でしたが、先にお話しした通り白くま君は2005年の商品です。

白くま君も進化しているのでしょうけど、そこはわかりません、というところはご容赦を。

 

 

 

包丁研ぎ

家で使っている包丁はいわゆる安物のステンレス製三徳包丁なのですが、包丁研ぎにこだわって安物包丁がどこまで切れるようになるか、研究中。

 

まずは包丁研ぎのための専用台を製作。

 

砥石を水に浸けておく時、家にある一番大きなボールでも砥石が入りきらず、なかなか満遍なく砥石が水に浸からず不便だったので、その解消も兼ねて。

 

f:id:dong-gabacho:20170730080912j:plain

 

f:id:dong-gabacho:20170730080940j:plain

 

近所のホームセンターでプラ製の箱とヒノキの板に多少工作をして完成。

 

プラ製の箱は砥石などを仕舞っておく収納箱も兼ねてます。

 

f:id:dong-gabacho:20170730081024j:plain

 

実際の使い方は工作したヒノキの板をプラ製の箱の上に渡して、これを砥石を置く台にします。

実際にはプラ製の箱には水を入れて、そこに砥石を漬けておくのと、研ぎのときに砥石に水を補給するのに使います。

砥石とヒノキの板の間の雑巾は研ぎのときの砥石のすべり止めです。

 

f:id:dong-gabacho:20170730081005j:plain

 

専用台が出来ても、作業がしやすくなっただけで研ぎが上手くなったわけではないので、これから研鑽を積んで行きます。

 

どこか研ぎを教えてくれるところなどないですかねー?

探してみよー。

浅草散策

暑い日が続きますねー。

 

本当はもっと気候が良いときにいきたかったのですが。

 

さっそく昼からざるをつまみに樽酒を飲んでしまいます。

 

冷たいざる蕎麦、鰹の香り深く辛いつゆ、すりおろしたワサビ、木の香りが残る樽酒、この組み合わせサイコー。

 

f:id:dong-gabacho:20170723123006j:plain

 

f:id:dong-gabacho:20170723123234j:plain

 

へべれけになってフラフラと浅草寺周辺を散策です。

 

しかし、暑い。。。

 

f:id:dong-gabacho:20170723123448j:plain

f:id:dong-gabacho:20170723123354j:plain

f:id:dong-gabacho:20170723123414j:plain

 

暑い暑い、、、なので、散策と写真撮影はさっさと切り上げて神谷バーへ避難。

 

また、呑んでしまいますが、、、明るいうちから呑むっていいですねー。

 

久しぶりに電気ブランを吞んだけど、、、美味い。

 

f:id:dong-gabacho:20170723123641j:plain

f:id:dong-gabacho:20170723123708j:plain

 

一応、墨田川を眺めて。。。

 

f:id:dong-gabacho:20170723123827j:plain

 

f:id:dong-gabacho:20170723123912j:plain

 

まだ16時というのにグテングテンです。。。

 

てなところで。