QUEEN

QUEENボヘミアンラプソディーが映画なんてね。

 

まさかね。

 

自分が高校生のころは洋楽と言えば、QUEENとKISSでしたね。

 

当時は今みたいにインターネットもないし、ましてやYouTubeもなく、特に洋楽の映像ソースについては飢餓状態でした。

だからTV番組「銀座ナウ」の週一で木曜日にやってる洋楽ランキングのコーナーが毎週楽しみでした。その番組でランキングの発表と共にテレビに流れるほんの短時間のQUEENやKISSのプロモーションビデオを毎週楽しみにしてました。

 

そんな時代でしたね。

 

その当時、まだQUEENがメジャーになるかならんかのころ、教室の自分の近くの席に、いかにも勉強一筋の女子が居ました。ある日何かのきっかけで、その子と音楽の話をした時に「オペラ座の夜」について教えてくれて、その流れでレコードを借りたんですね。

 

その時はまだQUEEN のことを知らなかったので、そもそもジャケットだけ見ればロックじゃないし、なんだかなー、と思いながらレコードの音を聞いた時には、びっくりしましたね。

 

すんげーカッコいいと。

かなり衝撃的でした。

そもままカセットにダビングさせてもらって、、、それがQUEEN との初めての出会いでした。

 

しかし、それよりも実は自分にとっては、勉強一筋にしか見えない子がQUEEN のようなカッコええロックが好きだなんて、そのギャップの方が衝撃的だったのかもしれません。

 

あのころはKISSもバリバリだったし、TOTOもカッコよかったなー。BOSTONも衝撃的だったし。

 

まあ、この私とて高校生のときは音楽に対してそれなりに感受性があったわけで。

 

しかし今の時代になってボヘミアンラプソディーなんてねー。

 

うちの娘がボヘミアンラプソディーを聞いていてびっくりしました。

 

QUEEN なんて今となっては自分みたいなオヤジしか聞かない音楽だと思っていたんですけどね。

 

映画の力を感じるとともに、世代を超えているスケール感が面白いですね。

 

 

 

単位が足らず大学を卒業できない!という夢

何ヶ月かに1回ほど、単位が足らず大学を卒業できない!という夢を見ます。

 

大学なんてもう何十年も前に卒業したのに。。。

 

いつも応用数学の単位が取れず、というオチなんですよね。

 

実際には応用数学は選択必修だったので、必死に勉強して単位はとりましたけど。

 

ただ、高校の時の数学よりも遥かに難しく、本質理解ができなかったので、理数系科目ではその時はじめて授業のノートを丸暗記しました。

 

数学を丸暗記して試験に対応するって、大変なんですね。。。

 

話がそれて来ましたが、なんでそんな夢を見るのか心当たり無しです。

 

夢でうなされるわけではないけど、起床した時、なんとも言えずスッキリしない気分です。

 

ま、その晩に呑んだら忘れてしまいますが。

桜が咲きました 2019 その2

日本人ってなんで桜が好きなんでしょうね。

 

f:id:dong-gabacho:20190407220258j:plain

 

パッと咲いて、はかなく、そして散り際潔く、、、というところが日本人の感性に合っているのでしょうか。

 

f:id:dong-gabacho:20190407220411j:plain

 

f:id:dong-gabacho:20190407220333j:plain

 

以前のブログにも、、、もしかしたら同じことを書いているかも(汗)。

 

f:id:dong-gabacho:20190407220500j:plain

 

多摩地区も、見ごろはこの土日が最後ですかね。

 

f:id:dong-gabacho:20190407220543j:plain

 

てなところで。

 

桜が咲きました 2019

今年も桜が咲きましたね。

 

f:id:dong-gabacho:20190331163409j:plain

 

多摩地区ではまだ満開ではなく、木によってばらつきがあるようですが、だいたい七分咲きのようです。

 

f:id:dong-gabacho:20190331163438j:plain

 

今シーズンは目黒川や千鳥ヶ淵など都心の桜の名所には行ってないですが、都心はもう満開のようですね。

 

f:id:dong-gabacho:20190331163513j:plain

 

多摩地区は今度の水曜日あたりが満開かと。

 

今年は花見をやるかどうか。。。。。

花を見るというより、桜を口実にして飲んでるだけですからね。

 

f:id:dong-gabacho:20190331163633j:plain

 

てなところで。

 

 

モノの所有感

写真については、銀塩フィルムカメラ時代から楽しんでおりましたが、時代の流れにともない撮影機材はデジタルカメラに移行し、現在に至っております。

 

先日、古い銀塩カメラに触れる機会があったのですが、デジタルカメラには無いワクワク感や、このカメラにフィルムを入れて写真を撮りたい、という欲求に駆られました。

 

この感覚は、懐古趣味によるものでなく、しばらく自分の中でも説明がつかずにいました。

 

それで最近ふっと思いついたのですが、この感覚は「モノ感」ではないかと思ってます。

 

フィルムカメラはフィルムに画像を潜像させて、それを現像するとネガフィルムができます。自分が撮影した画像が写っているネガです。

これは自分が創り出した「モノ」であります。

そしてプリントすると、ネガから画像が印画紙に転写されてこれを現像すると写真になります。

これもやはり「モノ」を創り出しています。

ですから、この一連のプロセスはモノを創り出していると言うことになるわけです。

 

デジタルカメラで撮影した画像をプリンタで印刷すれば同じだろう、という意見があると思いますが、デジカメの場合はプリントしなくても絵を鑑賞することは他にたくさん手段があり、今やそちらが主流になっているわけです。

 

どうもその辺りがフィルムカメラデジタルカメラの違いではなかろうかと。

 

まあ、個人的見解の仮説ですが。

 

 

てなところで!

 

 

侍ぱん

侍ぱんって知ってます?

 


人からのいただき物で始めて「侍パン」なるものを知りました。

 

 

f:id:dong-gabacho:20190317085855j:plain


結論から言うと、これが美味い!

 


このパンをトーストせず、何も付けずに白ワインのアテにすると、かなり行けます。

 


最近これにはまってます。

 

侍ぱんで検索してみてください。

 

 

花粉症対策薬

花粉症飛散がピークを迎えているそうです。

 


そんなこと言われなくても、身体が勝手に反応してます。(笑)

毎年早ければ1月末からゴールデンウィークに入る直前まで、約3か月ほど少々憂鬱な日々が続きます。

 

 


とはいえ、毎年かかりつけのお医者さんから処方されている薬のおかげで、症状は軽くて助かります。

 


処方されている薬は、まず毎日服用するベース薬と、症状に応じて使う薬です。

 


まずはベース薬。

1日2回、朝と晩の食後に服用します。

晩は、会社帰りに飲みに行くこともしばしばあるので、寝る前に服用してます。

 

f:id:dong-gabacho:20190314205429j:plain

 

次は目薬と点鼻薬

共に症状が悪化した時に対処療法として使います。

 

f:id:dong-gabacho:20190314205522j:plain

f:id:dong-gabacho:20190314205544j:plain

 

それと症状がかなり悪い時に服用する薬。

これは定常的に使うのはお医者さんからNGと言われているので、その指示に従い、シーズン中に数日使うか使わないか、です。

 

f:id:dong-gabacho:20190314205618j:plain

 


ま、薬がだいぶ良くなったので助かってますが、20代のころは医者に行かず薬も使わずに気合と根性だけで耐えておりました。

 


しかし、30歳になったころ、寝ている最中にくしゃみが出て何度も目が覚めたり、連日くしゃみと酷い鼻詰まりに悩まさらて、流石に気合だけでは耐えられなくなり、花粉症では始めて医者に行きました。

 


その時、お医者さんから「今までよく我慢してたなー」と。

そして処方された薬を服用したら、今までの辛さが嘘のように症状が改善されラクになりました。

 


痩せ我慢しないでもっと早くから医者に行けばよかった。

 


それと、お医者さんに処方してもらう薬は効き目が高いけど保険適用で市販薬より安く済むので、助かります。

 


てなところで。