読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自転車のスタンド

先日、ロードバイクに興味を持ち始めた方から、「なんで自転車にスタンドを付けないの?」という素朴な疑問をぶつけられました。

まあ、スポーツバイクや趣味の自転車のことを知らない人にとっては当たり前の質問かと思います。

いろんな解釈があると思いますが、私は2点だと考えてます。

一つは軽量化。
フレームにカーボン使って、パーツもスポーツバイクに付いているものは、グレードの差はあれどそれなりに軽量化のための材料や構造となってます。
つまりグラム単位で軽量化に投資しているのに、鉄の塊のスタンドでぶち壊すのはないだろう、と理解してます。スポーツバイクでは速さや距離を追求すると、自転車の軽量化は重要なテーマになりますからね。

もう一つは見た目かな。まあこれはかなり個人的見解ですので、そういう考えのやつもいると思ってやってください。

高校生のとき初めて趣味の自転車を買ったとき、スタンドが付いていない佇まいに惚れ惚れしたものです。それが今でも続いているってところです。

まあ、競技をバリバリにやるとか、ブルペに挑戦するとかではない限り、スタンドがないと不便なのは事実ですけどね。