自転車のフレームの凹み修理

先日、狭い立体式の駐車場に車を停めようとしたら、、、やってしまいましたよ。アルミホイールをガリってしまいました。買ってから今までどこも傷つけていなかったのに。まあ、不幸中の幸いであんまり目立たないので、よしとしましょう。

さて、もうだいぶ昔の話になってしまいますが、自転車でもやっちまったんですよね。多摩川CRで立ちゴケをやってしまったのですが、運が悪い事にガードレールにフレームをぶつけてしまい、アルミフレームを凹ませてしまいました!!
当時はまだ買って一年くらいだったのでフレーム以上に、、、心が大変凹みました。(涙)

f:id:dong-gabacho:20151016212441j:plain

まあ、私のヤワな脚力で乗っている分には強度的に問題なさそうなレベルなのですが、やっぱり気になります。ブロークンウィンド理論じゃないですが、そのままにしておくと悪い事につながりそうですし。
なので、修理をしてくれそうなところをネットで探しまくりました。
結論からいうと、クロモリの場合もアルミの場合も同じなのですが、凹んだものを叩き出して直すというのは無いようです。凹んだ部分の塗装を剥がしてパテで凹みを埋めて再塗装、というのが普通のようです。たとえば粉体塗装のKADOWAKIさんなどの塗装会社や、フレーム製作をされている一部のビルダーさんは対応してもらえるようなんですが、問題は基本的に全塗装になってしまうのですよね。KADOWAKIさんなんかは、フレームのロゴマークのデカールまで作ってくれて再生していただけるようですが。
しかし、これが悩みの種なんですね。写真ではわかり辛いですが、この自転車(キャノンデールのCAAD9ですが)明るいグレー塗装の上にシルバーがグラデーションを描くようなデザインでちょっと凝った塗装なんですよね。それがとても気に入っていたので、全塗装でこれを忠実に再現するのはほぼ無理だろうなと思い躊躇していたわけです。きっとやって出来なくは無いでしょうけど、完璧にオリジナルのニュアンスを復元するのは難しい上にそれなりの値段になると思います。
そんなこんなで、ネットで調べまくって半ばあきらめていた頃、救いの神を見つけました。ヘルメットなどのカスタムペイントをやっているカスタムペイント & デザイン RADICAL BRATS DESIGNSさんですね。ヘルメットのカスタムペイントだけでなく自転車のフレーム塗装などもやられるようで、その流れで修理もやってもらえるという情報をつかみました。
早速メールで連絡して日程調整し修理をしていただきました。

f:id:dong-gabacho:20151016214001j:plain

どぉーだぁーーー! おかげさまで、とってもきれいに治りました。ありがとうございます!!感謝感謝です。
 カスタムペイント & デザイン RADICAL BRATS DESIGNSは、修理がメインではなくカスタムペイントがメインのようです。詳しくはリンク先のHPを見てもらいたいのですが、ヘルメットや自転車フレームのカスタムペイントは本当にきれいです。CAAD9も今のデザインに飽きてしまったらカスタムペイントをしてもらおうかな、なんて思っております。それともクロモリフレームをフルオーダーしてそれをカスタムペイントしてもらうのも良いかもしれないなーなんて妄想しております。
 
それにしても、みなさん立ちゴケには十分注意しましょうね。